電子機器組立に必要なSMTとは?

category01

電子機器組立の中でもプリント基板への電子部品の実装は、電子回路を構成するために必要な工程であり、電子機器組立の大半はプリント基板への電子部品の実装工程になると言っても過言ではありません。

プリント基板が完成すると、シャーシーにプリント基板を取り付けねじ止めし、ハーネスの接続やケースの取り付けと言った工程を経て1つの電子機器が完成します。


プリント基板と言うのは電子機器の部品の一つではありますが、この部品を作るためには電子部品を実装する、半田付けを行うと言った電子機器組立の工程が必要になるのです。



尚、電子部品にはプリント基板に開いている穴に部品のリード線を挿入してから、基板の裏面で半田付けを行うリード部品と基板のパターン面に直接部品を取り付けて半田付けを行うチップ部品と言う2つの種類に分けられます。

リード部品は手挿入で行うケースが多いのですが、チップ部品は自動化が行われており、これをSMTと言います。

YOMIURI ONLINEに関する特集が満載です。

SMTとは表面実装技術と言う意味を持つもので、電子部品実装機と言われている機械を使って自動化が図られています。



SMTは、指定の場所にチップ部品をマウントするための装置であり、最初にクリーム半田をパターン面に塗布してからチップ部品を実装していきます。

電子部品の実装が完了した後は、SMTの内部にある恒温槽の窯の中でクリーム半田が溶かされて、半田付け処理が自動的に行われ、機械から流れくるプリント基板は部品が実装された状態になっています。

最新情報

category02

電子機器組立は難しいイメージが多いでしょう。しかし実際には思っているよりも簡単に行えます。...

subpage

読めば解る

category02

電子機器組立では故障を気にしがちでしょう。また機器ごとに異なる道具が必要になる場合もあります。...

subpage

技術の秘訣

category03

電子機器にはICやトランジスタと言った半導体、抵抗器やコイル、コンデンサと言った電子部品が使われています。半導体も電子部品に含まれている電子機器には欠かせない部品の一つです。...

subpage

技術関係の真実

category04

電子機器を動かす電子回路は、プリント基板に必要な半導体や電子部品を実装する事で構成されます。プリント基板は半導体や部品を搭載すると共に、回路を構成する機能を果たすものです。...

subpage